2007年06月17日

「地球交響曲・ガイアシンフォニー第六番」in 岡山

本日は、おすすめのドキュメンタリー映画ご紹介!

「地球交響曲 第六番 〜ガイアシンフォニー(127分)
テーマ:「音」〜すべての存在は響き合っている〜

9年くらい前に、No.1.2.3を一気に1日で見たのですが、
とても考えさせらる内容で、何より紹介されている方それぞれの
内面に潜む強い熱い思いに感銘を受けました。

その第六番が岡山で来月公開されるのでお知らせ。
オーラソーマに関わる方はもちろん、
自然療法やセラピーに興味のある方、
またこのサバイバル現代社会を生き抜くために、
自己の原点を確認したい方などにおすすめです。

日時・会場:7月16日(月・祝)さん太ホール(山陽新聞社本社ビル)

第一回9:30開場10:00上映、第二回12:45開場13:15上映
(第二回目は、講演や音楽ライブなどもあり18:00終了予定)

gaia.3.jpg

入場料:第一上映 前売り・当日共に2,000円
    第二上映 前売り2,000円 当日2,500円

この映画の特徴は、配給会社に頼らない自主的な上映会が
各地で公開され、第六番は文部科学省選定映画だそうです。
映画はオムニバス形式で、多方面で活躍される数名の人物が紹介され、
自然との関わりや自分の生き方そのものについて語っています。

今回の第六番は、「音」。「音を見て、光を聴く」。
「この世のすべてをつなぐ耳には聞こえない虚空の音」がテーマ。

音と色は深い相関関係があり、ともに波のような性質を持ち、
似たような色・音は共鳴し調和を生み出しますが、
異質のものは響きあわず不調和を生み出します。

あなたもお気に入りのCDジャケットの配色に、
どんな色が使われているかを意識してみてね。

gaia.4.jpg

特定の宗教的な団体でもなく、思想があるわけではないのですが、
現代社会の様々な問題に向き合い、これからの時代に必要な
新しいメッセージ性がこめられている映画だと思います。

私が見た中で、個人的に特に感動したのは第二番
登場されている方と言葉をちょこっとご紹介いたしますね。

gaia.5.jpg

ジャック・マイヨールさん 海洋冒険家
 (映画「グランブルー」モデルで、素潜り105m記録保持者)
 「自然に寄り添い、自然と調和した時、無限の可能性が生まれる」

14世ダライ・ラマ法王 チベット仏教最高指導者
 ダライ・ラマとは、「大海のような深い知恵を持つ聖人」の意。
 1989年 ノーベル平和賞受賞。
 「人間の究極の本性とは、慈悲と利他の心である」

フランク・ドレイクさん 天文学者
 1960年、世界で初めて地球外知的生命の探査計画を実施。
 「人・動物・植物、そして宇宙人はみな星のかけらでできた兄弟です」

佐藤初女さん「森のイスキア:心を病んだ人の安らぎの場」主宰
 「私の祈りは、「動」の祈り。生活のすべてが祈りです」

それぞれに強いメッセージがあり、自分の信念や生きていく上で
大切にしたい事を、自らが人生を通じて実践されている方々。
それを主張したり、有名になろうとかアピールするのではない、
自我を超えた意志が感じられるとこが魅力なのでしょうか。

映画で使用された音楽のCDも発売されており、
私のお気に入りも第二番です。

gaia.6.jpg

バブル崩壊後、日本人の価値観・ライフスタイルなど、
アイデンティティーが確実に変容しようとしています。
その最たるものが、占いやスピリチュアル的なものブームです。

この映画は、お手軽なスピリチュアル(精神性)現象ではなく、
見た人それぞれが何を感じ、何を思うか、が大切。
そして、共鳴したメッセージをいかに自分に活用・実践できるか。

映画自体や登場人物の方から、色やボトルをイメージします。

オーラソーマ・カラーとボトルで表現すると、
ロイヤルブルー・バイオレット・ターコイズあたりでしょうか。
B24:ニューメッセージ、新しい時代に必要なメッセージに気がつく。
B33:ドルフィン、自分の自由な発想と感性、第六感で自己表現する。
B49:ニューメッセンジャー
 新しい時代に必要なメッセージを、自分なりの方法で伝える。

gaia.2.jpg

興味がおありの方は、是非ご鑑賞下さいませ。

自由な発想・感性で観て聴いてね!

パステルカラー けいこでした!

posted by ぱすてるけいこ at 19:36| 日々のいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。