2007年03月22日

オーラソーマ・イギリス本校 デヴォーラ寄稿6

本日は、デヴォーラのガーデンやヴィッキーが愛した瞑想ルームをご紹介。

セミナーハウスの向こうには、確かチャクラをイメージしたという
チャクラ・ガーデンが広がり、いくつかゲードがあります。

d-g12.jpg  d-g1.jpg


最後のエリアには、B10グリーン・グリーンのボトル「Go Hag a Tree」
のモデルとなった大きな木があり、池や瞑想ルームがあります。

ヴィッキーもこの庭を散歩し、木のそばで深い呼吸とともに、
心を落ち着かせ、何かの方向性を決断したのでしょうか。

d-g14.jpg  d-g7.jpg
私は、6日間のうちお天気が比較的ましな3日間くらい、
この庭を朝お散歩しました〜。気持ちよかったですよ!!

あなたも、少しずつ瞑想ルームに向かって、庭を探索してみてね!


d-g1.jpg


d-g2.jpg


d-g3.jpg


なぜか突然仏像らしきものが・・・


d-g4.jpg


d-g5.jpg


ヴィッキーの想い出の庭入り口


d-g15.jpg


瞑想ルームの中です。窓辺には、天使のフュギアが。
私が最もリラックスできて神聖な気持ちになれるところ。


d-g8.jpg


d-g9.jpg


この白い暖炉は、以前子宮をイメージしている・・と伺った気が・・・


d-g10.jpg


瞑想ルームのそばにある池


d-g11.jpg


木の傍からその池に流れ込むチャクラ的な清水のながれ


d-g13.jpg


イクイリブリアムの上層部に使用されいるロータスオイルは、
元は2000年前の種を発芽させたものだそう。

先日ご紹介したハーブ園の責任者の方が、
いずれこのビッキーの池で2000年前のロータスの種を、
発芽させてみたいとのことでした。
(でも発芽が一番難しいとか。人間の種を発芽させるのも最初が大変・・)


今回のコース中のカリキュラムのひとつに、
ペアを組んで「瞑想のリードの仕方」というのがありました。

相手にリラックスしてもらう為には、私達自身がリラックスする必要がある。
       ↓
声の調子は呼吸と関係しており、話す側が緊張していると、相手も緊張する。
       ↓
より深く呼吸することができれば、より深いリラックスに入れる。
       ↓
リラックスするためには、グループの和合感が大切。

クライアントとプラクティショナー、
プレゼンターと聴衆の方は、合わせ鏡
お伝えする側がリラックスして向き合うと、
お相手にその波長が伝わってリラックスして頂けるかも。

これって日常の人間関係、人と向き合う時にも大切な事ですよね。

なので、何名かの前でプレゼンする時ピンクポマンダーがおすすめ。
コースの初日は、必ずピンクポマンダーから始まりますよね。

ピンクポマンダー:攻撃性を弱め、調和や配慮をもたらす。
 自分を受け入れ肯定できるようになり、相手も受容できる。
 人にも自分にも優しくあったかくをサポートします。)

ということで、ガーデンや瞑想ルームお楽しみ頂けましたでしょうか?
皆さんも機会があれば是非訪れて、
ビッキーの瞑想ルームでリラックスしてみて下さいね!

パステルカラー けいこでした!

posted by ぱすてるけいこ at 19:58| Comment(0) | デヴォーラ寄稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。