2007年03月14日

イギリス・オーラソーマ本校 デ・ヴォーラ寄稿3

昨日やっとスーツケースを整理しました。あせあせ(飛び散る汗)

本日は、デ・ヴォーラの生活編&食堂編をご紹介!
セミナールームがある建物に宿泊施設もありますが、
人数が多い時は、バスで移動のロッジやホームステイもありとか。

私が今回お世話になったお部屋は「レディ・ナダ」。
マスターの名前がついたお部屋が1・2階にあり、
私は2階のお部屋で以前お世話になったティーチャーの方と二人部屋。

d-L1.jpg d-L4.jpg

で、このお部屋2段ベッドで、私は上のベッド。
2000年にレベル1ティーチャーコースで滞在した「ジュアルクール
の3人部屋のお部屋でも2段ベッドの上・・・でした。

きっと2段ベッドの上にご縁があるのね。。。
でもでも、次回(当分行かないけど・・)は是非グラウンディングした
地に足がついたベッド
で寝てみたいわ〜〜〜。

けっこう2人部屋にしては狭かったのですが、
ちょっとした学生時代の合宿気分でおしゃべりを楽しみました!


「レディ・ナダ」お部屋内部&ベッドに置いて下さっているプロダクツ
私のところには、ディープマゼンタヒラリオン

d-L3.jpg  d-L2.jpg

各部屋にそれぞれのマスターのイメージ画や
エアーコンディショナーが置かれていました。


2階お部屋の隣にあるバスルーム&トイレット
(フラワーシャワーやソープなどなどあっていろいろ試せます。)

d-L5.jpg


この他2階にはシャワーのみが2つあって、
1階にはバスルーム&シャワーが1つ?。

お食事はまずまずなのですが、バスルームはサバイバルが大変!(笑)
全バスルームが稼動するとお湯がでなくなりことも多々あり、
私は一度全身泡状態の時、お湯が出なくなり呆然・・・。
で、そのあとのお食事が・・・で、そのまま1軒しかないパブへGO〜!

今回すんごく広い新しい土地をオーラソーマが購入され、
そこに宿泊施設もゆくゆくは・・・というお話でしたが、
その前に今後の方の為になんとかバスルームだけでも改善を。。

で、お食事は1階の食堂でいただきます。
(なぜか金の仏像がでで〜〜んと。ボトルを手に持ってました。)

d-k3.jpg  d-k2.jpg 


お食事は、いわゆるベジタリアン。
お味は、私的にはおいしくいただけました。
ただお肉が一切なく、一度コメント不可能なピーマンの肉詰め風がでて、
皆様のお顔から笑顔が消えてゆき、そのままパブへGO〜!(笑)

d-k1.jpg

ランチのミネストローネスープとナン。これはグッドでした!
スイーツも含めて、ほとんどおいしくいただけましたし、
コーヒー・紅茶他、飲み物やお湯は好きな時に頂けます。
午後の休憩と夜のお食事には、スイーツ付き。

でも、私がものすご〜く恋しかったのは、だし味。

その他は、特に不便な事もなく室内履きがあると便利でしたし、
季節を問わず雨も多いので、ナイロンの上着があるとよいかも。

ドライヤーご持参の方は、英国式三又コンセントをお忘れなく。
以上、デ・ヴォーラ生活編でした!


パステルカラー レディナダでピンクを磨いた?けいこ。



ラベル:オーラソーマ
posted by ぱすてるけいこ at 20:39| Comment(0) | デヴォーラ寄稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。