2011年03月24日

その時、人は・・・。

皆様こんにちは。

3月11日のあの日から、2週間が経とうとしています。
支援の活動は、全国各地に広がっていますが、まだまだ寒い
そしてあまりにも広範囲な被災地に、多くの被災者の方。

今回の地震で被害を受けられた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

今朝私は、お水を送ろうとお店を何件か回りましたが、棚は空でした。
目に見えない、被ばくという不安心理が広がり、どこまで、いつまで、
という気持ちになり、心が痛みます。

昨日TVをみていて、またまた考えさせらました。
ある役所の職員の女性が、最後まで避難誘導のアナウンスを続けられ、
その方は、亡くなられたそうです。

高台に逃れ助かった多くの方は、「切迫した声に助けられた。」と
感謝されているそうですが、女性のご両親の一言に涙してしまいました。

「皆さんから、よく頑張ったとお礼を言われるけれども、
 本当は、娘に生きていてほしかった。」

人は、想像を超える生命の危険がせまったとき、
彼女のように最後までお役目を果たすことができるでしょうか。
使命とか責務とか、そんなこと考える余裕があるでしょうか。

最後までご自身のお勤めを続けられた多くの皆様のご冥福をお祈り致します。

また、現在も危機的な危険が迫る原発で作業されている職員の方。
被災地で、家族の安否が不明な中、サポートをされている皆様。

本当にお疲れ様です。

神聖なる愛」 B67。
生命の樹の始まり、源のボトルB36「チャリティー:慈悲心」は、
物質世界マルクトのB69「鐘が鳴る」で着地しています。


IMG_1056.JPG 013.JPG

今回の震災で、多くの大切な事やいろんな方の価値観に触れ、
考えさせられ、私なりに多くの気付きと学びを得ています。

今、私に出来る事をしていこうと思っています。
1日も早い復興を、心から願って。

パステルカラー けいこでした。



posted by ぱすてるけいこ at 19:23| 日々のいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。